海外で必要なエンジニアのビジネスセンス

エンジニアは技術開発を担当するのが仕事です。そのため職場では、直接的に経営に関わることのない技術者も多いです。しかし海外に進出してみると、大きなギャップを感じる場合もあります。海外で独立して活躍しているエンジニアは、ビジネスに対して強い関心を持っています。持っている技術力を、いかに利益につなげられるかについて常に考えています。

技術開発を専門にしてきた人物にとって、経営に関わるのは戸惑う部分も大きいです。しかし海外へ出て独立するなら、技術力を利益につなげる工夫が必要です。技術力だけではエンジニアとして認められない風潮が海外にはあります。そこで、海外への進出を行う前に、ビジネスセンスを磨いておくのが効果的です。これまで経営面にあまり知識がなかった技術者も、改めて経営に目を向けてみるのが大切です。そうすると、技術者としての立場からはこれまで見えてこなかった事柄に関し多く気づけます。

技術者として一回り大きくなり、コスト意識についても身につきます。新しいアイデアを思いつき、それが本当に利益になるかどうか、正確な判断力も手に入れられるでしょう。そうなれば、独立して海外に進出しても、十分に仕事がやっていけます。かつてギャップを関していた点についても、経済の勉強を進めるに従い、次第に溝が埋め合わされます。たとえ直接経営などに関わる機会がなくとも、一度は別の分野に目を向けてみるのが成長のチャンスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です