エンジニアに求められるビジネス感覚

技術者であるエンジニアにも、ビジネス感覚が求められるようになってきています。与えられた仕事を淡々とこなせば良いというわけではなく、自ら情報発信することも必要とされています。これはシステムエンジニアが不足していることにもつながっています。

クライアントと現場とをつなく役割を担う上で、高度なコミュニケーション能力や課題の発見と解決による設計と計画、そして予算組みなどのビジネススキルが求められているのです。そのために技術者に向けたビジネススキルのセミナーがかなり増えています。日常の業務の中で修得することが難しいコミュニケーション能力や課題発見などの基礎的なスキルを教える講義です。さらにプレゼンテーションや文書作成の能力なども必要とされることから、多くのエンジニアは苦戦しています。

けれどもこのように実に多くのスキルをトータル的に学ぶことができる職種というのは、実は少ないものです。様々な法改正などに伴って、ITシステムの更改や開発は常に必要とされますし、その設計には実に多方面のスキルが必要とされます。そしてそれらは将来の管理職にもつながるスキルに活かされることになります。このような環境に恵まれる職種はそう多くはないものです。それを自覚しながら業務に携わることによって自分のキャリアプランを立てることも可能となるわけです。またそのような技能は未経験の異業種への転職へも活かせることに繋がります。

エンジニアの技術力ではなく、一人の人間としてビジネススキルを学びたい人向けに多くの自己啓発サイトがネット上に存在します。トラブル応対スキルやプレゼン、交渉スキルを含めた対人スキルや、ビジネスマナーなどをしっかり身につけ、一流のエンジニアへの転身を実現させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です